キャンペーン
資料請求
来店予約

結婚式の服装を選ぶポイントは?スーツで出席する際のマナーもご紹介します!

結婚式の服装を選ぶポイントは?スーツで出席する際のマナーもご紹介します!

結婚式に招待されたら、嬉しい気持ちと同時に、服装について頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか。せっかくのお祝いの席なのに、マナー違反で場違いな服装をしてしまったら、せっかくの楽しい時間が台無しになってしまいます。
この記事では、結婚式にふさわしい服装のマナーを解説し、NGアイテムや時間帯別のコーデ例を紹介することで、結婚式に自信を持って出席できる服装選びをサポートします。

□結婚式服装マナーの基本

結婚式にふさわしい服装のマナーは、時代とともに変化していますが、基本的なルールはしっかりと押さえておきましょう。

*避けるべきNGアイテム

結婚式では、華やかで上品な服装が求められます。
そのため、下記のようなアイテムは避けるべきです。

1:男性の場合
・全身黒の服装
・カジュアルすぎる服装

黒は喪服を連想させるため、避けるようにしましょう。
また、ジーンズやスニーカー、Tシャツなど、普段着のようなカジュアルな服装は結婚式にはふさわしくありません。

2:女性の場合
・全身白の服装
・露出度の高い服装
・派手すぎるアクセサリー

白は花嫁の特権であるため、結婚式ではどんなに上品なドレスであっても白色は避けましょう。
また、肩出しやひざ上10cm以上のミニスカート、胸の谷間や背中が大きく露出するような服装は、結婚式ではNGです。
そして、アクセサリーは、華やかさを添える程度にしましょう。
ゴテゴテとした装飾や、輝きすぎるものは、新郎新婦よりも目立ってしまう可能性があります。

*服装のマナーの基本

結婚式にふさわしい服装は、会場の雰囲気や時間帯、新郎新婦の希望などを考慮して選ぶ必要があります。

1: 会場の雰囲気に合わせた服装:格式の高い会場であれば、よりフォーマルな服装を選びましょう。
逆に、カジュアルな会場であれば、少しカジュアルな服装でも問題ありません。
2: 時間帯に合わせた服装:昼間の結婚式であれば、明るい色の服装を選びましょう。
夜の結婚式であれば、少し落ち着いた色の服装を選びましょう。
3: 新郎新婦の希望を尊重する:招待状に服装に関する記載があれば、それに従いましょう。
記載がない場合でも、事前に新郎新婦に確認しておくと安心です。

*服装を選ぶ際のポイント

結婚式にふさわしい服装を選ぶ際には、以下のポイントを意識しましょう。

1: 上品で華やかな服装:結婚式は、人生の晴れ舞台です。
華やかで上品な服装を選び、新郎新婦の喜びを分かち合いましょう。
2: 清潔感のある服装:結婚式は、清潔感のある服装で出席することが大切です。
シワのない服装、清潔感のあるメイク、アクセサリーなどを心がけましょう。
3: 新郎新婦への配慮:新郎新婦よりも目立つ服装は避けましょう。
主役は新郎新婦です。
彼らの喜びを分かち合い、素敵な一日を演出できる服装を選びましょう。

□時間帯別結婚式服装の選び方

結婚式は、昼間に行われる場合もあれば、夜に行われる場合もあります。
時間帯によって、ふさわしい服装が変わってきますので、注意が必要です。

1: 昼間の結婚式

昼間の結婚式は、明るい時間帯に行われるため、華やかな服装がおすすめです。

1: おすすめアイテム
光沢を抑えた素材のワンピースやドレス
パステルカラーのトップス
華やかなアクセサリー
2: 避けるべきアイテム
光沢が強い素材のドレス
暗い色の服装
派手すぎるアクセサリー

2: 夜の結婚式

夜の結婚式は、照明の関係で、昼間よりも少し落ち着いた服装がおすすめです。

1: おすすめアイテム
光沢感のある素材のドレス
落ち着いた色のワンピース
華やかすぎないアクセサリー
2: 避けるべきアイテム
カジュアルすぎる服装
白や黒の服装
露出度の高い服装

□結婚式服装スーツで出席する場合のマナー

結婚式にスーツで出席する場合、マナーを守ることが大切です。

1: スーツを選ぶ際のポイント

1: 色:
結婚式では、黒やグレーのスーツは避けるのが一般的です。
ネイビーやベージュなど、明るめの色を選ぶようにしましょう。
2: デザイン:
結婚式にふさわしいのは、フォーマルなデザインのスーツです。
ジャケットはシングルブレストを選び、パンツは裾が少し広がったシルエットがおすすめです。
3: 素材:
ウールやシルクなど、上品な素材を選びましょう。
夏の結婚式であれば、麻や綿などの素材もおすすめです。

2: スーツに合わせるアイテム

1: シャツ:
白のシャツが基本です。
結婚式にふさわしいのは、襟付きのシャツです。
女性の場合、ブラウスもおすすめです。
2: ネクタイ:
結婚式にふさわしいネクタイは、無地のものや、ストライプ柄、ドット柄など、落ち着いた柄のものがおすすめです。
派手すぎる柄や色のネクタイは避けるべきです。
3: 靴:
結婚式にふさわしい靴は、革靴です。
女性の場合、パンプスやヒールのある靴がおすすめです。
4: アクセサリー:
スーツに合わせるアクセサリーは、シンプルで上品なものがおすすめです。
結婚式にふさわしいアクセサリーは、パールやダイヤモンドなどの輝きを抑えたものがおすすめです。

3: スーツで出席する場合の注意点

1: 招待状を確認する:
招待状に服装に関する記載があれば、それに従いましょう。
記載がない場合でも、事前に新郎新婦に確認しておくと安心です。
2: 時間帯に合わせた服装:
昼間の結婚式であれば、明るい色のスーツを選びましょう。
夜の結婚式であれば、少し落ち着いた色のスーツを選びましょう。
3: 新郎新婦への配慮:
新郎新婦よりも目立つ服装は避けましょう。
主役は新郎新婦です。
彼らの喜びを分かち合い、素敵な一日を演出できる服装を選びましょう。

□まとめ

結婚式にふさわしい服装は、会場の雰囲気や時間帯、新郎新婦の希望などを考慮して選ぶ必要があります。
避けるべきNGアイテムや、時間帯別におすすめの服装を理解することで、自信を持って結婚式に出席することができます。
また、スーツで出席する場合は、フォーマルなデザインで、上品な素材のスーツを選び、アクセサリーなどもシンプルで落ち着いたものを選びましょう。
結婚式は、人生の晴れ舞台です。
華やかで上品な服装で、新郎新婦の喜びを分かち合い、素敵な一日を演出しましょう。

ページスクロールページTOP