キャンペーン
資料請求
来店予約

顔合わせ食事会に兄弟姉妹は出席するの?両家顔合わせお悩み解説!

顔合わせ食事会に兄弟姉妹は出席するの?両家顔合わせお悩み解説!

両家顔合わせの食事会に兄弟姉妹は参加する?

婚約が決まり、双方の親へ結婚の挨拶を終えたら次に重要なイベントは、両家の顔合わせ食事会です。

この食事会は、結婚を控えたカップルにとって、家族間の絆を深める貴重な機会となります。だからこそ、不安や疑問が多くあるかと思いますので、ぜひこの後の記事をご覧ください。

両家顔合わせ食事会の一般的な参加者

通常、両家の顔合わせ食事会は、結婚予定者のお二人と各家庭の両親、合計6人で行われることが多いです。

この小規模な集まりが、お互いの家族をより深く知るための時間をつくることとなります。

兄弟姉妹の参加について

基本的には兄弟姉妹は参加しないことが一般的ですが、家族の構成や関係性によっては、兄弟姉妹も食事会に招待されることがあります。

特に、兄弟姉妹が仲良く、相手の家族にも早く自分の家族を紹介したいと考えている場合、彼らの参加が望まれることもあります。

参加者を決める際のポイント

顔合わせの参加者を決めるにあたり、最も重要なのはお二人がしっかりと話し合い、両家の意向を確認することです。参加者の決定は、両家が快適に交流できるよう配慮しながら行うべきです。

このような食事会は、将来的に一つの家族となる両方の家庭にとって、相互理解と尊重の基礎を築く素晴らしい機会となります。
それぞれの家庭の文化や価値観を共有することで、結婚生活の成功へと繋がる第一歩を踏み出すことができるのです。

兄弟・姉妹参加のメリット

両家顔合わせの主催者はおふたりになりますので兄弟・姉妹に参加してもらうかどうかの判断をするためにも招待するメリットデメリットも見ていきましょう。

場が和む

両家の親だけが集まると、格式ばった雰囲気になりがちで、特に結婚を控えたカップルは緊張を感じやすいものです。しかし、兄弟姉妹が同席することで、その緊張が和らぎます。
兄弟姉妹は幼い頃からの共有の思い出や話題を持っているため、自然と会話が弾みます。
これにより、全体の雰囲気がリラックスし、より親しみやすい環境が生まれるのです。

このように兄弟姉妹がいることで、場が和やかになるだけでなく、新郎新婦にとっても心の支えとなり、彼らが自分自身を自然体で表現するのを助けます。また、両家の親にとっても、自分の子どもたちが互いに支え合っている様子を見ることで、相手家族への信頼感が増す可能性があります。この初めての共有体験が、両家が一つの大家族として結びつくための大切な一歩となり得るのです

家族関係を深く知れる

一緒に暮らしてきた兄弟姉妹。親子の関係だけでなく兄弟との関係を知ることもできるのもメリットのひとつです。
実際に兄弟姉妹からみたおふたりの話も聞けるのでより深くお互いを知り、家族をしることができます。

また、結婚後の家族間の交流の基盤を作る大切な機会となり得ます。
顔合わせの席で兄弟姉妹が交流することで、相手の家族構造や家族文化を深く理解し、互いにリスペクトし合う関係を築くことが可能です。

また、このような場での会話から、将来的に家族としてどのように協力していくかの糸口を見つけることもできます。
結婚式のお話なんかもでてくるかも知れません。
兄弟姉妹がそれぞれの家族に積極的に関わることで、より強固な家族の絆を築くことが期待されるでしょう。

兄弟参加のデメリット

日程調整が難しくなる

2022年に婚姻した平均の年齢は夫33.7歳、妻31.7歳です。ということは、おふたりの兄弟姉妹はすでに社会人の方が多くなってきます。

人数が増えれば増えるほど日程調整が難しくなるのはいうまでもありませんが、仕事の休みや予定を調整するのが兄弟・姉妹が参加する場合は調整が難しくなるおそれがあります。

おふたり負担の費用が高額になる

絶対ではありませんが、顔合わせ食事会のお食事や会場費用はおふたりが負担することが多いです。


また、遠方からお越しになる場合交通費をおふたりが負担することもございます。場合によっては宿泊費がかかることもございます。

人数が増えれば増える分、おのずとそれらの費用負担がどんどん高額になってきます。

まとめ

状況によって左右する面はありますがご両家顔合わせの食事会に兄弟・姉妹を参加してもらうにはこのようにメリットもあればデメリットもでてきますので考慮しながら参加してもらうかどうかはおふたりで考えつつ、ご両親とも相談しながら考えていきましょう。

また、他記事でも顔合わせの内容について書いておりますのでぜひご覧ください。
【両家顔合わせの際、しおりは用意するべき?内容や作り方は?

ページスクロールページTOP